いのちの募金クリックからはじめる自殺予防支援は、自殺予防に取り組む団体を支援するクリック募金です。

自殺予防支援クリック募金。あなたの1クリックで救える命があります

お問い合わせはコチラから

支援団体

 

一般社団法人 日本いのちの電話連盟

■いのちの電話とは

自殺予防を目的として、ロンドンで電話相談「サマリタンズ」(Samaritans「よき隣人」の意味)が1953年に始まって約20年、東京で1971年10月1日に「いのちの電話」が創設されました。以来、「いのちの電話」は38年間休むことなく相談を受け続け、困難や危機にあって、誰ひとり相談する人もなく、自殺などの精神的危機に追い込まれる人たちが、再び生きる喜びを見いだしていかれる事を願いつつ、よき隣人として活動しています。

■隣人として問題を一緒に受けとめる

いのちの電話の「相談」では、一般市民のボランティアによる個人の善意に基づいて同じ目線で対話します(“よき隣人”型の援助)。そのため、相談員はまず、かけ手の話に耳を傾けます。そして、語られる内容だけでなく、話している彼らの辛さや、苦しさを自分のことのように共感しつつ受けとめます。相談員は、相談者の隣人として問題を一緒に受けとめ、お互いに対等な友達関係(be-friending)を築きます。

一方で、いのちの電話は、ボランティアによる電話相談の他に、社会のニーズに応えながらボランティア医師による電話医療相談・インターネット相談・ファクシミリ相談・自死遺族支援等の事業も展開しています。また、日本自殺予防学会と協力して日本自殺予防シンポジウムを開催するなど、常に自殺予防の重要性を各方面に呼びかけるとともに、出版物の刊行なども含め、啓発・普及に努めています。

■「聴き手」を生み出すきっかけに

現在、コミュニケーション技術は絶え間なく進んでいるとはいうものの、人間関係は決してよくはなっていません。むしろそれは、表面的で、不十分なものであるため、人は心から自分の思いを語ることができるような対話者をほとんど見出すことができずにいます。私たちは、本当に語るためには、親身になって聴いてくれる聴き手を必要としています。そして、そのような聴き手を見出すことは、けっして容易ではありません。みんなで生きるために、よりよい社会をつくるためには、私たち一人ひとりが力を出し合う必要があります。大げさな、偉いことをするのでも、専門的な知識・技術を使うのでもありません。困難や危機にある人の声に「耳を傾けて」ください。「クリックからはじめる自殺予防支援」が一人でも多くの「聴き手」を生み出すきっかけとなることを心より願っております。

■沿革・概要

1953年
自殺予防を目的として、ロンドンで電話相談「サマリタンズ」が始まる
1971年
10月1日 東京いのちの電話相談開始
1973年
社会福祉法人(第2種)の認可を得る
1977年
「日本いのちの電話連盟」創立
1999年
JR東日本本社内で「いのちのホットライン」を実施。初めてフリーダイヤルを導入
2001年
12月1日~7日 フリーダイヤル「自殺予防いのちの電話」実施
2007年
フリーダイヤル「自殺予防いのちの電話」を従来の12月初旬の1週間の実施から毎月10日・年12回実施に
2009年
法人格を取得し、「一般社団法人 日本いのちの電話連盟」となる
現在
全国50ヶ所の加盟センターで電話相談を実施。約7,100名の相談員が活躍中

ホームページを見る

 

  • このページの最上部へ戻る
  • トップページへ戻る